Uncategorized

一人暮らしの自炊について考えてみる

私は30代で独身の一人暮らしです。もちろん家に帰っても真っ暗でなにもない。洗濯にせよ料理にせよすべて自分自身でやる必要がある。

お金に困らないほどの収入があれば一人だろうとそれなりに快適な生活が送れるのかもしれないが、私の場合はそうじゃない。低所得とまではいかないにしろ、福岡県の平均収入程度だろう。

だから贅沢をしていては生活は成り立たないし、ましてや将来の蓄えもできない。よって普段の生活ではできる範囲で家計を削り貯蓄を行ったりしている。

ただ、そのなかですごく頭を悩ませる案件が自炊である。一人暮らしになると自炊に関しては賛否両論な部分だと思う。

自炊すると逆に割高になってしまうだとかのネガティブ発言はよく耳にするのではないだろうか。

たしかに一理あるようにも思う。だから今日は自炊について改めて考えてみようと思う。

私もなんだかんだ3年ほど一人暮らしをやってきたので、そのなかでの経験等を踏まえながら考えてみる。

自炊のメリット・デメリット

まずは金銭面を抜きにして、自炊をすることに関するメリット・デメリットについて考えてみる。

もちろん作るものや内容にもよるのかもしれないが、あくまで私個人の自炊スタイルで考えてみる。

メリット

メリットを考える際に私がもっとも最初に頭に浮かぶのは「健康的」な食事を摂れるというところである。

作る内容次第ってことは大きく影響してしまいますが、少し意識するだけで世に出回っている冷凍食品やお弁当に比べれば遥かに健康的と言えるのではないだろうか。

私はよくハマって肉体改造に目覚めることがある。年に1回あるかないかの周期ですが笑

しかしそのときはかなりストイックに食事を管理する。内容だけでなく摂取カロリーも。

もちろんここでの健康的というのはこういう肉体改造的なストイックさは別としてでも、市販の弁当や食品はそれだけたくさんの糖質・脂質・塩分に侵されているというのを伝えたいのです。

少し勉強して、少し意識しだすとすぐにわかると思います。栄養成分表示のスコアに驚かされるでしょう。

少なくともストイックに食事制限を行うのであればほとんどのものが口にできないレベルです。

それだけ日本は恵まれているのですよね。

だからこそ自炊の際には意識的に健康的な食事を心がけます。

塩分や油を少し減らしたりだとか、野菜を積極的に摂ってみたりだとか。

意識をするだけでかなり食事の内容は変わると思いますし、その結果で体は健康的になってくれると思います。

自慢になりますが、私は会社で受ける健康診断で血液検査や血圧検査などの食事が影響するであろう検査に関しては一切なにも引っかかりません。

30代で独身で一人暮らしというだらしない生活が安易に想像できる生活なのですが、私は自炊をしますので普通の家庭よりも健康的な食生活が送れているようです。

私にはあまり関係のない話なのですが、食べたいものを作って食べれるのも自炊のメリットですよね。もちろんそんな料理スキルがあればの話ですが。

デメリット

デメリットに関しては、最近よく感じるものが1点。

「時間」ですね。

自炊をするのはどうしても時間をとられます。簡単な調理をするにしても、作らないという選択肢には敵いません。

今年に入って時間というものを気にするようになってから、この自炊をする時間への疑問がとても気になりだしました。

人間24時間は皆平等なわけで、この時間をどう使うかで今後が変わります。

そのときに自炊にはその時間を費やすだけの価値があるのかというところがすごく頭を悩ませますね。

よって今回はこの「時間」という観点をデメリットに考えてみました。

費用について

一人暮らしの自炊が議題にあがったときに必ず出てくる話題はこの「費用」ではないでしょうか。

たしかに生活する上でお金に関する部分は目をそむけることのできない部分なので話題にあがるのは必然ですし、最も気になる部分の一つだと思います。

私個人の結論から言えば

作るものと食材による

としか言えないと思います。

こう言ってしまうと身も蓋もないと思われそうですが、しかしこれにつきます。

どんな野菜を使うのか、どんなお肉を使うのか、どれだけの量を必要とするのか。

ほんとにこれ次第で自炊の費用はどうにでもなりますからね。

特に『野菜1品とこれを和えるだけ』的な中華料理の素ってよくありますよね?あんなのはすごい贅沢品だと思っています。

ああいうのを使いだしたら自炊のコストは上がっていく一方でしょうね。

そして比較対象となる外食・中食ですが、外食ばかりであれば自炊のほうに軍配が上がることが多いでしょうね。

しかし問題は中食です。とくにスーパーのお弁当。

これは半額で買えるのであれば自炊以上に安く済ませられる可能性を大いに秘めていると思います。

もちろん毎日をそれにしてしまうとものすごく偏った食生活になりますので、「健康的」からはかなり離れてしまうかとおもいますが。

でもコスパと時間というものを考えればすごい魅力は秘めていると思います。

ただし偏りすぎない。これだけは意識して注意しなければいけないでしょうね。

最後に

自炊にせよ外食にせよ中食にせよ、それぞれにメリットとデメリットがあるかと思います。そしてなにを食べるにせよ意識するだけで極端な偏りを防ぐことは可能だと思います。

なにがいいとか悪いじゃなく、それぞれの良さを認めてうまく使い分け利用するのがなによりも大事なのかもしれません。

ただ現代人は野菜が不足しているとよく言われますので、野菜だけはどんな食生活であろうが積極的に食べていきましょう。

どんなに節約したって、結果病気してしまえば病院代を払うことになり結局高いお金を支払うことになりますからね。

それぞれにあった食生活でよりよい生活を送っていきましょう。ではまた。

ABOUT ME
マッカチン
福岡県は南部に住む少し変わった30代のおっさんです。孤独に生活しておりますが将来のために成長しなければと思いこのブログを開設しました。 雑記として書いていきますが、地元のことなども紹介していきたいと思っております。