自己PRは頭で考えたりまとめるのではなく、紙に書き出すとうまくまとまります

就活生でも転職者でも必ずと言っていいほどやるべき項目の一つに自己PRがありますよね。

しかしこの自己PRは一人ではなかなか進まないですし、とても面倒臭い事柄でもあります。

実際に私も就活生や転職時代の頃、一番悩まされたのが自己PRでした。

面接でも必ずと言っていいほど聞かれるのでないがしろにもできないので本当に悩んでいました。

なのであなたのお気持ちはわかります。そんな自己PRがイマイチ進まない、納得のいく自己PRができないあなたに私の経験も元にしてうまくいく自己PRの方法をアドバイスしたいと思います。

まずは自己PRは頭で考えたりまとめるのではなく、紙に書き出すとうまくまとまったりいい発見をすることができます。

学生時代にやったこと(部活動や課外活動、アルバイトなど)を書き出して何が楽しかったのか、得意だったのかをどんどん書き出します。

箇条書きで構いません。転職だったら前職での成果などが挙げられるでしょう。

紙に書き出すことで共通の言葉が見つかったりしてまとめるのがとても楽になります。また記録になるので忘れることもほぼありません。

殴り書きでも構わないのでまずは紙に書き出すことから始めましょう。

そして自分ばかりで考えるのではなく、友人や知人、会社の同期や上司にあなたのいいところ、悪いところを聞いて回るのもいいでしょう。

自分一人で自己PRを考えていてもきっとどこかでつまづいてしまいますし、客観的な強さというものがわからずもったいないです。

自己PRをする際は他人から見たあなたのことについても理解して内容に取り込むことが大切です。そ

うすることであなたの自己PRがより一層説得力のいく、いいPRになっていくと思います。

あなたの強みを聞くのは多少恥ずかしいですが思い切って聞いてみてください。新しい発見がきっとあるでしょう。

いかがでしたでしょうか。自己PRは最初は面倒臭くてなかなか進みませんがやり始めるとなかなか面白いものです。ぜひ上記の方法を試して納得のいく自己PRにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする