受かる転職自己PRの特徴3つ

85d2681705cd6ed650e4fb7e561f018f_s

折角悩んだ末に転職するのですから、早く成功を勝ち取りたいですよね。

転職するにも履歴書の提出と面接が必須ですから、しっかり履歴書で書類選考されて、面接でも確実に自己PRしてしまいたいものです。

受かる転職するには三つのポイントがあります。

  1. 自信に満ちている事。今までの実績が大事です。
  2. 貴方を採用したいと思わせる事です。入社後のメリットの説明が大事です。
  3. 和を感じる事です。職場のチームワークを乱さない人格が大事です。

この三つが成功のキーポイントです。

1.自信に満ちている事

企業は自信の無い人は採用しないと思って下さい。

自信過剰で嫌味な人が良いと言っている訳ではありません。

今までの就業経験で貴方が得られた何かについて、自信を持って説明できる事が大事です。

ネガティブな人と、ポジティブな人がいたら、どちらを採用しますか、という事です。

当然ポジティブな人が選ばれます。

何に対しても否定的であったり、自信の無い人は選ばれません。

何事にもポジティブに立ち向かい、自信を持っている人が選ばれます。

ですから、履歴書の記載内容にも、面接の説明でも、否定的な表現を使わない事が大事です。

常に積極的な表現をする様に注意しておきましょう。

余りに上から物言うこともダメです。

表現内容はポジティブに、表現方法は丁寧にと心がけておいて下さい。

2.貴方を採用したいと思わせる事

成功を勝ち取って採用されるには、貴方を採用したいと求人企業に思わせれば良いのです。

他の企業に就職されては損失だと思わせれば良いのです。

つまり貴方自身に魅力があれば良いのです。

それは、実績でも良いし、資格でも良いし、性格でも良いし、容姿や物腰でも良いし、何でも良いのです。

応募条件に適っている人材であれば、魅力に溢れている人材を採用しようと企業は考えます。

逆に言えばそう思わせない限り採用にはならないと思って下さい。

企業が応募する時は、今回応募する人数も決めて応募をしています。

応募人数が少なければそれだけ狭き門という事になりますから、

他の採用はと比較して上位の印象を与えなければなりません。

選考は勝負ですから、勝負に勝つにはありきたりの印象では相手を印象付ける事ができません。

真実以外は書けないですし、説明してはなりませんが、工夫を凝らして表現することに努めてみましょう。

履歴書の自己PRのスーペースはとても小さいので、ここに想いを込めて書こうとすると、長文ではダメです。

短いセンテンスに、貴方の魅力が詰まっている文章にしたいですね。

日頃の新聞や書籍を読んでいるか否かで文章表現に差が出て来る部分です。

3.和を感じること

1.の自信に満ちていることでも書きましたが、いくら自信に満ちていても、自意識過剰な人は敬遠されます。

日常生活で考えても、余りに自信満々で自意識過剰な人とは余り友達になりたいとは思いませんよね。

企業の仕事は一人だけではできません。

職場や組織のチームワークで仕事をしなければなりません。

当然和を大事にしなければならないのです。

他人のアドバイスに耳を傾けなかったり、独りよがりな仕事の仕方をされると、職場の雰囲気も崩れると共に、組織としての強みが発揮できなくなってしまいます。

新卒者ならば、企業での就業経験ゼロで真っ白な状態で入社して来るので、

職場で教育しながらチームワークを醸成しやすいのですが、転職者が新たにメンバーで加わる場合は、既に違う企業での就業経験がある分、いろんな経験が邪魔をして新たな職場にすぐに馴染めない事があります。

折角即戦力として採用したのに、職場の和を乱される結果には陥らせたくありません。

自ずと選考過程で、チームワークを大事にできる人材かどうかを判断します。

ですから、自己PRをする時に、一方では自信を述べて、一方では協調性を協調することが

望ましい事です。

以上の三つのポイントが、受かる転職の重要点です。ご参考にして頂けたら幸いです。

また、自己PRの例文を参考したいという場合は、次のサイトが便利なのでご紹介しておきます。

自己PR例文.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする